キャンプ場レビュー

星に手のとどく丘キャンプ場宿泊記!星がきれいで最高だった!【富良野】

Sponsored Links

 

今年初キャンプは6月23日~24日の一泊二日で富良野の『星に手のとどく丘キャンプ場』から。

アクセスや基本情報のまとめはコチラ。

星に手のとどく丘キャンプ場(富良野)基本情報・アクセス・周辺観光 北海道の大自然を満喫したい―――。 そんなアナタにおすすめしたいのは中富良野にある「星に手のとどく丘キャンプ場」だ。 ...

結論的には、最高のキャンプ場であった。

会社の同僚や友達とグループキャンプは毎年行っていたが、家族(妻・愛犬)だけでは初めて。

そんな初心者の私にも過ごしやすく、スタッフさんはみんな親切だった。

今回はその様子をレポートしよう!

■空一面の星空がメッチャきれい!

■うさぎの子供がかわいい!

■『ひつじの丘』のジンギスカンもうまい!

 

Sponsored Links




まずは『ひつじの丘』でジンギスカンランチ

ひつじの丘のジンギスカン

8時にレンタカーを借り、家で荷物の積み込み。

1日半借りても約8,500円のニコニコレンタカーは神。

何だかんだ9時頃に札幌を出発し、12時過ぎに『星に手のとどく丘キャンプ場』へ到着した。

早速チェックインをしようとするも、まさかの13時から…。

事前に情報まとめていたくせに、すっかり忘れてしまっていたw

 

予定を変更し、施設内にある『ひつじの丘』でランチを食べることにした。

(元々は肉だけ買って、自分のサイトで焼こうと思っていた。)

ひつじの丘のメニュー
頼んだメニュー

■サフォーク 980円
■白ひつじ 750円
■しぼりたて牧場牛乳 200円
■ウーロン茶 250円

ひつじの丘のサフォーク

サフォークはお店イチオシのジンギスカンだけあって、メチャクチャうまい!

癖や臭みが無く、ただただ上質なお肉だった。

ひつじの丘の白ひつじ

白ひつじも脂身が多く、旨味が溢れ出ており、ビールが飲みたくなる味であった。

 

しぼりたて牧場牛乳は鮮度が高いからか、牛乳の臭みが全く無かった。

どれだけ飲んでもお腹痛くならなそう!(キャンプにおいて結構大事)

のんびりランチを楽しんでいるとチェックインが開始した。

チェックイン~サイト決め

チェックインは『ひつじの丘』内にある管理棟で行う。

管理棟内ではレンタル品の貸し出しや消耗品の販売を行っている。

この日は自衛隊の夜行演習が行われる予定で、夜に戦闘機の走る音等が聞こえる可能性があるとのことだった。(実際には全く音が聞こえなかった)

諸々の説明を受け、お金を支払うとスタッフさんがサイトまでカートで案内してくれる。

先着順にサイトを選べるので早目のチェックインした方が良いよ!

 

Sponsored Links




テント設営~初めてのテント設営は何時間かかる??~

テントサイトを選んだので、さっそく設営を始める。

キャンプ初心者の私はテントを建てるのが初めて!(今までは車中泊をしていた)

テントはスノーピークの『ヴォールト』。

初心者向けエントリーパックTTに入っているテントだ。

設営時間は約1時間だった。

私はメチャクチャ不器用なので少なくとも2時間はかかると覚悟をしていたが、写真を撮りながらでも1時間で終わった。

かなり簡単だった。初心者にはおすすめ!

スノーピークのヴォールト
スノーピーク ヴォールトは本当に初心者向け?ド素人が立ててみた【手順を写真で解説】 キャンプ初心者が最初に悩むのは"テントの選定"ではないだろうか? 飽きちゃうかもしれないから、あまり高いのは買いたくな...

うさぎ小屋・ひつじ小屋で動物と触れ合おう!

管理棟の近くに「うさぎ小屋」「ひつじ小屋」がある。

ご飯に集まるうさぎ達がかわいい!

うさぎ小屋の中に入ることもできるよ。

かなり小さな子供うさぎもいて、メチャクチャかわいかった!!

生まれたばかり?っていうレベルだった。

 

ひつじ小屋の中にも子羊がいてかわいかった。うちのワンコも友達になった模様。

 

Sponsored Links




晩御飯もちろんバーベキュー!

晩御飯はバーベキューにした。これがキャンプの醍醐味だよね!

豚ホルモン

鶏もも(前日にタレに漬け込んだお手製)

そして今夜のメインは”牛サガリ”。

グラム380円と、私の中では中々の奮発具合。

「肉を食らってる」感があってサイコーだった!やっぱりバーベキューだね。

満点の星空が最高すぎた!!!

バーベキューをしていると、夕暮れになってきた。

やっぱり星に手のとどく丘キャンプ場は眺めが最高だよね。

夕陽もきれいだった。

 

サイトには焚火台があり、管理棟で薪を売っているから手軽に焚火もできるよ。(私はやらなかったけど)

そして本キャンプ場のメインディッシュは”満点の星空”。

この日も天気が良くて最高の景色が見れた。(私のカメラでは良い写真が撮れなかった…。)

是非、現地で見ていただきたい!!

 

Sponsored Links




朝食は『丘カフェ』でトーストをいただく

朝起きてワンコと散歩をしていると、食事中のひつじがいた。

この解放感たまらないよね!

 

朝食は管理棟でやっている『丘カフェ』でトースト・サンドウィッチ・スムージーを購入。

頼んだメニュー

■手づくり食パンのバタートースト 200円
■たまごサラダサンドウィッチ 150円
■黒ゴマバナナスムージー 400円

優雅な朝食を楽しんだ。

 

ゴミをキャンプ場で捨てれるのはありがたいよね~。

(めんどくさい)撤収をさっさと終わらせてキャンプ場を後にした。

美瑛・富良野観光して帰る

せっかく富良野に来たので、美瑛観光をして帰宅した。

美瑛の青い池

美瑛の青い池はキャンプ場から約40分で行けるし、最高にきれいなので是非寄ってほしい。

青い池(美瑛) 夏は神秘的な青!冬はライトアップ!年中楽しめる!

白ひげの滝も近くにあるのでセットで寄るべし。

 

富良野に戻りチーズ工房でピザを食べようと思ったが、まさかの1時間待ち…。

諦めてミルク工房でジェラートを食べた。

普通においしかったけど、特別うまい!おすすめ!!ってほどではなかった。

 

Sponsored Links




今回のキャンプでかかった総額は〇〇〇円だ!

最後に今回のキャンプでかかった金額を集計して終わる。

【キャンプ場利用料金】

■大人(2名分) 1,600円
■犬 200円
■オートサイト 1,000円

【食費】

(ランチ)
■サフォーク 980円
■白ひつじ 750円
■ウーロン茶 250円
■牛乳 200円
■消費税 174円

(ディナー)
■牛サガリ(208g) 790円
■豚ホルモン(296g) 562円
■鶏もも(348g) 584円
■フランク(半分) 139円
■ひらたけ 98円
■ピーマン(半分) 64円

(モーニング)
■手づくり食パンのバタートースト 200円
■たまごサラダサンドウィッチ 150円
■黒ゴマバナナスムージー 400円

【雑費】

■ごみ処分 100円
■炭(1kg分くらい) 142円

合計:8,383円

おにぎりを持参するなど、節約を図った効果もあり、1万円をなんとかきることができた。

まとめ

星に手のとどく丘キャンプ場は最高だった!

あの星空を見るために、また来年も行きたいと思っている。

ただ、ファミリーキャンプとしては少し遊ぶところが少ないかもしれない。

うさぎ・ひつじとたわむれることができるものの、キャンプ場内に川があったり虫捕りができたりする様子は無かった。

ボール遊びは自分のサイト内で小規模なものなら可能かな?

富良野・美瑛で観光してから夕方にチェックインするのであれば良いと思う。

満点の星空を子供にも見せたいもんね。

ファミリーもカップルもソロの方も、是非1度『星に手のとどく丘キャンプ場』へ行ってみて!!

 

 

Sponsored Links
ABOUT ME
ットリ
ットリ
犬を連れてキャンプへ行くのが趣味の私が、北海道のキャンプ場・キャンプグッズ・キャンプ飯を紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA